金庫のご案内
ほくしん 》 のご紹介
ごあいさつ ほくしんの概要 組織と運営
経営理念 主な業務内容 事業の運営

● 事業の運営
  ■リスク管理
リスク管理体制
当金庫は、リスク管理体制の強化及びリスク管理手法の高度化を経営課題の一つに位置付け、 安定した経営と健全な財務体質の維持向上に努めています。
「リスク管理基本方針」や「リスク管理規程」「各種リスク管理要領」などを定めて 各種リスクに適正かつ組織的に対応するため、「リスク管理体系表」に基づき経営に反映すべき事項等については「リスク管理委員会」において協議し、 対応策を発信するなど日々管理体制の強化に取組んでいます。
また、経営の健全性・安定性の一層の向上を図るため、限られた資本を有効に活用し、 経営の効率性や収益性を高めていくための枠組みとして、信用リスク、市場関連リスク、オペレーショナル・リスク等の主要なリスクを合理的な手法で計量化し、 リスクの総量が自己資本等の経営体力に収まるよう管理する「統合的リスク管理態勢」を構築し、その充実に取組んでいます。

各種リスク管理の基本方針
信用リスク
「信用リスク」とは、信用供与先の信用状況が悪化し貸出金等の債務の支払いが不能となった場合、それに伴って貸倒等の損失を被るリスクのことです。
当金庫では、相互牽制機能が働くよう営業推進部門から独立した審査部門において「信用リスク管理要領」などに基づいた厳格な審査と管理体制の強化に努めています。
貸出先の経営実態を見極めた適切な「信用格付」を実施し、厳格な自己査定を行い適正な償却・引当を実施することによる貸出資産の健全化と特定の大口先や特定の業種に偏ることのないように定期的にモニタリングを実施しリスクの分散を図るほか、事業者に対する経営相談・事業再生・対象先企業の経営改善計画書作成支援等に取組み貸出資産の質的な向上に努めています。
さらに、各部門から独立した監査部では、資産内容の健全性や格付・自己査定の正確性、信用リスク管理状況等の監査を行い役員会等に監査結果の報告を行うなど信用リスク管理態勢の充実に努めています。
市場関連リスク
「市場関連リスク」とは、金利、有価証券等の価格、為替等の様々な市況の変動により保有する資産等の価値が変動し損失を被るリスクです。
当金庫では、自己資本に見合った適正なリスク・リミット、運用限度枠、損失限度枠を遵守することにより、市場関連リスクの厳正な管理に努めています。
流動性リスク
「流動性リスク」とは、予期せぬ資金流出により必要な資金が確保できなくなる場合や、通常より高い金利で資金の調達を余儀なくされるリスクです。
当金庫では、信金中金への預け金を中心に換金性の高い資産を保有することに心がけるとともに、突発的な現金需要にも十分に対応ができるよう、余裕を持った資金繰りに努めて、日次、週次、月次の資金繰り状況を把握・分析を行うなど流動性リスクが顕在化しないよう厳正に管理しています。
事務リスク
「事務リスク」とは、金庫の役職員が正確な事務を怠る、あるいは事故・不正等を起こすことによってお客さまにご迷惑をおかけしたり、損害を発生させてしまうリスクです。
当金庫では、定期的な業務役席会議等による事務指導や店内勉強会等を通じて事務知識、事務処理能力の向上に努めています。
また、日常の事務処理の適切性を点検するために部店内検査を毎月実施し、さらに内部牽制機能として組織上独立したリスク監査部が抜打ち監査を実施するなど、内部管理態勢の検証と事務ミスの未然防止に努めています。
事務ミスが発生した場合にはその原因を究明し対応の徹底を図るほか、リスク管理部に「よろず相談所」を設け、お客さまからのお声を日々の業務に反映させるなど事務ミスの再発防止に努めています。
システムリスク
「システムリスク」とは、コンピュータシステムのダウン又は誤作動等のシステムの不備等によってお客さまや金庫が損失を被るリスクです。
当金庫の業務処理の中核を担う勘定処理システムは業界が設立した「共同事務センター」システムを使用し、共同利用の強みを活かした超大型コンピュータの利用による高度の信頼性を常に確保しています。
また、「システムリスク管理要領」に基づき、コンピュータシステムの運営および利用にあたり適切な管理・運用を行うことにより、システムの安全性と信頼性を維持し、情報資産の保護に努めています。
法務関連リスク
「法務関連リスク」とは、法令違反や法的な検討が不十分なことによる信用の失墜から被るリスクです。
当金庫では、「コンプライアンスマニュアル」を制定し、「信用金庫職員の服務と倫理」に則り、各部店にコンプライアンス担当者を配置し、各部店のコンプライアンスの確保に努めるなど、法令遵守態勢の強化を図り、職員のコンプライアンス意識の向上と徹底に努めています。

内部監査体制
事故防止の観点から内部監査規定に基づく監査部の全部店への抜打ち監査や部店内検査の実施を通じて、 相互牽制機能を含めたリスク管理体制の適切性、有効性の検証を行うなど内部監査体制を確立しています。

  ■コンプライアンス(法令遵守)
当金庫では、地域社会の信頼に応えていくため法令等遵守の徹底を業務の健全性及び適切性を確保するための 最重要課題の一つとして位置づけ役職員一体となって取組んでいます。
具体的な取組みとして、法令等遵守に係る基本方針としてコンプライアンス規定を定めて この規定に則った業務運営を実現するためのコンプライアンス・マニュアルを手引書として策定しています。
また、法令等遵守態勢の整備と強化を目的とする実践計画として「コンプライアンスプログラム」を年度ごとに策定し、 各部店に配置したコンプライアンス担当者による関連研修や啓蒙活動を実施しています。 このほか、「よろず相談所」をリスク管理部内に設置して苦情・ご意見を承る体制を充実させるなど、 お客さまからの信頼の確保に日々努めています。

「北陸信用金庫倫理憲章」は、以下のとおりです。
◇北陸信用金庫倫理憲章◇
「地域社会から信頼される金庫」を目指し
  一、金庫が良き企業市民であることの自覚と誇りをもって、社会的・公
    共的使命を果たすべく責任ある健全な業務運営に努めます。
  一、各種法令等を遵守するとともに、社会規範を全うし、公正な業務運
    営に努めます。
  一、基本的人権を重んじ、自然環境の保護にも配慮しつつ、豊かな地域
    社会づくりに努めます。
  一、経営情報等を積極的に開示するとともに、広く地域社会とのコミュ
    ニケーションの充実に努めます。
  一、社会の秩序や安全に脅威を与えるような勢力や行為に対しては、毅
    然とした態度で臨みます。